So-net無料ブログ作成
検索選択

アニメーションについて [制作秘話]

鈴木です。
アーモダインではOPやゲーム中にいくつかアニメーションを搭載してます。
今回はそのアニメーションの制作秘話を。

アニメーションの制作現場を見るのも初めてでした。
今回アニメーション制作をお願いしたのは、
株式会社アクタスさんです。

はじめにアニメーションを作るには
どこにどうやってもって行けばいいんだろうと根本的なところからのスタートでした。

いろいろなところで情報収集をして
実際にロボットが描けて、スケジュールの調整ができるところ、
そして一番のクォリティ的にも申し分ないところとして、
アクタスさんの名前が挙がってきました。

実際に話を持っていったところ、
興味を持っていただき、打ち合わせを幾度となく行い、
制作をスタートすることが出来ました。

OPを作るにあたって「まずは曲を用意してそれに映像を合わせよう」
という方向で進み、光田さんにOP曲の作曲をお願いしました。
そこから急遽光田さんへ作曲のお願いをしました。
(急なお願いを受けていただけた、光田さんありがとうございます!)

曲も完成し、そこから絵コンテ制作となるのですが、
アニメの絵コンテを見るのも初めてだったのでびっくりしたのですが、
ものすごいカット割りで画面が切り替わります。
OPの1分30秒で収まるのか?というのが第一印象でした。

一度絵コンテだけをつなぎ合わせたものを見させてもらったのですが、
画面転換が多くなるという心配もよそに、
抜群に曲にあわせた場面転換ですごくあっているんです。
ですが、1回見ただけでは詳細な部分までは分かり難いところもあると思うんですが、
「OPを何度も見てもらいたい」という共通の意図どおりになっていました。

そして実作業に入り、またリテイクを繰り返します。
アニメーション監督のリテイク項目のほうが
こちらで出したものより多いというところもさすがです。
恩田さんにキャラ作監をやっていただいたことも大きいでしょう。

そして幾度と無く納得のいくまで調整を行いやっとのことで完成したのです。

公式HPでも公開されていますが、
ゲーム起動時のOPはクォリティが違いますので
ぜひ苦労の結晶をぜひご堪能ください。

SCE 鈴木


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。